子宮頸がんワクチン(シルガード9/自費)

これまで日本ではサーバリックス・ガーダシルという2種類の子宮頸がんワクチンが許可されていましたが、新たにシルガード9というワクチンが国内認可されました。

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防しますが、HPVには100種類以上の型(タイプ)があります。

そのうち特に、高リスク型HPVである16型と18型が子宮頸がんの原因と言われており、
子宮頸がん全体の50-70%の原因とされています。
シルガード9は既存ワクチンのカバー範囲を超え約90%をカバーできるようになりました


シルガード9の接種には、以下2点の準備が必要です。
●予診票の記入
●ワクチンQダイアリーの登録

詳細は下記をご確認ください。


【接種費用】
シルガード9 ¥30,800/回
※自費のみとなります。
※現時点での価格です。価格は変動する場合がございます。
※別途、初・再診料等がかかります。(初診:3300円、再診:1650円)

【接種回数】
3回

【接種スケジュール】
1回目(初回接種)

2回目:初回接種から2か月後

3回目:初回から6か月後(2回目から4か月後)

【ご予約】
https://avance.reserve.ne.jp/sp/index.php?
※「HPV(子宮頸がん)ワクチン」よりお取りください。

受診日までの事前準備】
●シルガード9予診票
https://avance-clinic.jp/wp-content/uploads/2022/02/hpv.pdf
※お手数ですが、PDFファイルを印刷・ご記入いただき当日お持ちください。

●ワクチンQダイアリー登録
https://vaccine-q-diary.com/user/#/C0201_Login

①新規登録
ID・パスワードは大切に保管してください。

②接種医登録
QRコード読み取りorコードを入力し、
「接種医による閲覧への同意」をお願いします。

コード:2037‐5040‐0079‐1421


③接種前確認事項入力 
当日の体調を確認するものです。
当日の来院前にご入力ください。

登録の流れについての詳細画像はこちら



子宮頸がんワクチン(ガーダシル/公費あり)

国からのキャッチアップにより接種機会を逃した人は公費で接種可能なワクチンです。
4価ワクチンとも呼ばれ、70%の子宮頸がんを予防できると言われています。
キャッチアップ対象の方にはお住いの自治体から通知が届きます。


【キャッチアップ対象者】
・1997年4月2日~2006年4月1日生まれの女性
・過去にHPVワクチン接種を3回受けていない
※過去のご自身の接種状況(種類や時期)は、
お住いの自治体もしくは母子健康手帳、予防接種済み証明証等でご確認いただけます。

【接種費用】
キャッチアップ対象の方は公費で接種可能

【接種回数】
1回目(初回接種)

2回目:初回接種から2か月後

3回目:初回から6か月後(2回目から4か月後)

【ご予約】
https://avance.reserve.ne.jp/sp/index.php?
※「HPV(子宮頸がん)ワクチン」よりお取りください。

【お持物】
・予診票 ※自治体から届いた予診票を事前に記入の上お持ちください。
・健康保険証(本人確認に使用します)
・現住所が確認できるもの(マイナンバーや運転免許証など)


【その他詳細】※厚生労働省HP参照
キャッチアップについて
HPVワクチンについて

風疹ワクチン

風疹は風疹ウイルスが原因で起こります。
妊娠中に感染すると胎児に感染して児の目や耳や心臓に異常を起こす先天性風疹症候群を引き起こすことが知られています。
先天性風疹症候群自体を治す治療法はありません。
風疹にかからないようにすること、つまり予防のみが、この先天性風疹症候群への対策といえます。

妊娠を希望する人は、事前に風疹抗体価をチェックし、風疹に対する抗体の有無を確認します。
抗体がない場合は早めにワクチンを接種することをお勧めします。
また、妊婦さん本人だけでなく、同時に家族や周囲の方も検査やワクチン接種をご検討ください。
なお、風疹ワクチンは生ワクチン(弱毒ワクチン)のため、妊娠中には投与することができません。
また接種後2か月は妊娠を避けるべきとされています。
このため、妊娠をお考えの方はワクチン接種のタイミングにご注意ください。