子宮鏡検査

クリニックでは設置の難しい子宮鏡を導入しています。
3㎜の子宮ファイバースコープにより子宮内を観察します。

【観察できる主な内容】
〇子宮筋腫(粘膜下筋腫)
〇子宮内膜ポリープ
〇子宮内癒着
〇慢性子宮内膜炎 etc...

【施行時期】
生理開始(1日目)から8-12日目
※完全に出血が止まっていれば、8日より前でも施行可能
※クラミジアの検査を行っており、陰性が確認できていれば初診の方でも施行可能

【予約
WEB予約必須:「公美子医師」からお取りください
※『月曜午前中』と『午前8時台』は予約が混み合うため子宮鏡検査をお受けしていません。左記日程以外でご予約をお取りください。

【料金】
〇保険診療不可の場合:11000円 + 初/再診料 + 経腟超音波料
※自費の料金項目はこちら
※慢性子宮内膜炎の診断目的で施行する場合は、自費となります

不育症検査・着床不全検査

【凝固系因子検査】
●料金:自費40000円 + 初/再診料 ※前後の可能性あり
●項目:APTT、抗核抗体、プロテインC活性、プロテインS活性、第Ⅻ因子活性、抗リン脂質抗体(ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピン抗体:IgG・IgM、抗β2-GP1抗体)

【内分泌検査】
●料金:自費5500円 + 初/再診料  ※前後の可能性あり
●項目:甲状腺ホルモン(TSH、抗TPO抗体)

【免疫学的検査】
●料金:下記参照 + 初/再診料  ※前後の可能性あり
●項目:Th1/Th2細胞(12000円)、ビタミンD(3300円)
注意:Th1/Th2細胞は平日午前11:30予約まで受付可

【慢性子宮内膜炎組織検査】
●料金:20000円+ 初/再診料  ※前後の可能性あり
●子宮内膜CD138(15000円)+子宮内膜培養(5000円)