性感染症(sexually transmitted diseases: STD、性病)

当院ではご希望の方にクラミジア・淋菌の迅速検査も施行しており、早めの時間の受診であれば当日中に結果を知ることができます。

STDとは性交渉によってうつるもので、クラミジア・淋菌・梅毒・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・腟トリコモナス症・HIV・B型肝炎・C型肝炎などがあります。STD予防にはコンドームが有効ですが、すべてが予防できるわけではありません。 STDは異常な帯下や腹痛・腰痛・かゆみなどの原因になります。治療が遅れると、日常生活を快適に送れないばかりか、完治まで時間がかかったり、将来不妊の原因にもなり、肝炎やHIVは慢性疾患として長期のフォローが必要となるため、早めの診断および治療が必要です。診断のため、採血による検査や内診および状況で咽頭の検査を行います。


クラミジア

・クラミジアとは?

クラミジアに感染した女性の90%が無症状なので注意が必要です。性行為により感染し、子宮頸管炎、子宮内膜炎、附属器クラミジア・トラコマティスという病原菌が性行為により性器や直腸、喉などに感染することによって子宮頸管炎、子宮内膜炎、附属器炎、腹膜炎、時に肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis 症候群)を発症します。帯下異常、性交時出血、下腹痛、右上腹部痛として自覚されますが、その90%が無症状のため、注意が必要です。また10%が淋菌と同時感染しているため、検査の際にはクラミジアと淋菌の同時検査が推奨されます。最近咽頭のクラミジア感染症も増えてきています。クラミジア感染症は将来不妊症の大きな原因となるため適切な治療が必要です。

・クラミジアの治療:

 軽症であれば、抗生剤を1回内服するのみで治療が可能です。重症化すると、入院管理にて抗生剤の点滴治療の後、抗生剤の内服治療が必要になります。クラミジア咽頭感染症はクラミジア子宮頸管炎より時間を要します。またクラミジアは、セックスパートナーに対する同時治療も重要です。治癒判定は3週間後に行います。

淋菌

・淋菌とは

グラム陰性双球菌であるNeisseria gonorrhoeaeによる性感染症で子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、附属器炎、骨盤内炎症症候群(PID)肝周囲炎、時に結膜炎、咽頭感染、直腸感染を発症します。男性尿道炎では灼熱感のある排尿痛が特徴的ですが、約10%が無症状で、女性は軽度の帯下増量のみで、感染した女性の約50%が無症状です。また性器淋菌感染症の約10-30%が咽頭にも淋菌感染を起こしています。またクラミジアとの合併も多く、同時に検査することを勧めています。

・淋菌の治療

治療は抗生剤により行いますが、淋菌の薬剤耐性が問題となっており、これまで特効薬とされていたニューキノロン系といわれる抗生剤でも薬剤耐性が80%に達しています。最近では、抗生剤の内服ではなく、抗生剤の点滴治療が第1選択となります。

性器ヘルペス

・性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルス(herpes simplex virus:HSV)1型もしくは2型による性感染症で、性器に潰瘍性や水疱性病変を形成します。再発が多くみられます。初感染初発典型例では潜伏期間2-10日で発症し、突然38度を超える発熱、倦怠感などの全身症状を伴い、大陰唇・小陰唇から膣前庭部・会陰部にかけて、浅い潰瘍性または水疱性病変が多発します。疼痛が強く、排尿困難、リンパ節腫脹、頭痛や項部硬直などの髄膜刺激症状を認めたり、排尿障害や排便障害など末梢神経麻痺を伴うこともあり、症状が重症です。

再発の場合は、再発前に外陰部違和感や大腿から下肢にかけて神経痛様の疼痛など前兆を認めることがあり、性器や臀部に小さい潰瘍性または水疱性病変を数個形成するだけの軽症のことが多いです。無症状でも感染源となるためコンドームの使用が勧められるが、臀部などにも起こりうるので、完全に排除することはできません。

・性器ヘルペスの治療

性器ヘルペスの治療は、抗ウィルス薬の内服治療が有効ですが、知覚神経節に潜伏しているHSVを完全に排除することはできません。頻回に再発を繰り返す場合(1年間に6回程度)には、1年間抗ヘルペス薬を服用する再発抑制療法が有効です。

外陰尖圭コンジローマ

・尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマ(condyloma acuminatum)は主に6型または11型のヒト乳頭腫ウィルス(HPV:human papillomavirus)により感染します。女性では大陰唇・会陰・子宮頸部・校門・尿道口に好発する乳頭状・鶏冠状の腫瘤です。パートナーも罹患していることが多いので、現在症状がみられていなくても発症する可能性が高いため注意が必要です。HPVワクチンにより感染のリスクを減らすことが可能です。

・尖圭コンジローマの治療

外陰部にはイミキモドクリームを使用します。そのほか冷凍療法や外科切除、レーザー蒸散があります。見た目に治癒しても3か月以内に25%が再発するため、3か月はフォローが必要です。

梅毒

・梅毒とは

梅毒は梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)が原因で最近感染者が増加傾向で、注意が必要です。また女性の約40%、男性の約25%が無症状です。1回の性交で約20%の感染率といわれています。3週後、3か月後、3年後と様々な症状が出ますが、いったん自然に消えてしまうため感染に気が付かない場合もあります。HIVとの合併も多く、合わせて検査することが勧められます。

・梅毒の治療

病期によって異なりますが、経口の抗生剤を4~12週間使用します。

膣トリコモナス症

・膣トリコモナスとは

膣トリコモナス原虫(Trichomonas vaginalis)が原因で、泡沫状黄白帯下の増量、膣壁の発赤、子宮腟部の点状出血が見られますが、、約20%の方は無症状です。また性行為以外でも感染することがあり、性交経験のない女性や幼児にも感染者が見られます。

・膣トリコモナスの治療

メトロニダゾールなどや腟剤や内服薬を7-10日使用します。パートナーとのピンポン感染を防ぐために、パートナーにも同時期に治療することが原則です。副作用として薬剤内服中の飲酒により、腹痛、嘔吐、潮紅の症状が現れることがあるので、内服治療中および内服治療後3日は禁酒が必要です。

HIV感染とは

HIV(ヒト免疫不全ウィルス)によって引き起こされます。感染初期は、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったインフルエンザ様症状を呈することがありますが、これ他の症状は週数間で消失し、無症候期に移行します。無治療の場合は、無症候期が数年から十年以上かけて、免疫不全状態が進行し、エイズ(AIDS)を発症します。免疫力が低下しているため、日和見感染症といって普段なら病気を起こさないような弱いカビ、細菌、ウィルスなどによる症状を抑えきれずに感染症が起きてしまいます。

・HIVの治療 抗HIV療法の進歩によりHIV感染者の予後は劇的に改善してきており、HIVウィルスが増えるのを抑えながら付き合っていく慢性疾患の側面が大きくなっています。エイズ発症前の早期発見、早期治療が大切なため、検査が重要です。

B型肝炎

B型肝炎とはB型肝炎ウィルスにより引き起こされ、肝臓に炎症を起こし、急性期には微熱、食欲不振、だるさ、吐気・嘔吐などの症状がみられ、引き続き黄疸が出ますが約1か月程度で回復します。感染経路は輸血や注射器の使いまわしなどの血液感染、性行為感染、母子感染が主な経路です。。母子感染では90%が慢性化し、成人になってからの慢性化は2~6%といわれています。慢性化すると、肝硬変や肝がんのリスクもあり、予防には予防接種が有効です。 ・治療はウィルス量を減らし、肝障害の進行を抑えることができるので、早期発見および治療が必要です。消化器内科の専門医での治療となります。

C型肝炎

C型肝炎はB型肝炎に比べて性的接触による感染率は低いとされていますが、予防は必要です。約30%の人は自然治癒し約70%の人が、慢性肝炎へと移行します。将来肝硬変や肝がんのリスクが高いため、消化器内科の専門医にて治療が必要となります