妊婦健診(妊婦健康診査)は妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行います。
お腹の赤ちゃんの成長や、妊娠による妊婦さんの変化を定期的に診ていくことが大切です。

妊娠の可能性に気づいた場合は、早めに産婦人科を受診してください。妊娠中はさまざまなことが起こる可能性があるため、経過をきちんと診ていくことが大事です。

健診費用は基本的に自己負担となりますが、公費による補助制度があります。東京都内の区市町村では検査費用の一部を助成する制度が実施されています。
妊娠がわかったら、お住まいの区市町村の窓口に妊娠届を出しましょう。窓口では、母子健康手帳の交付とともに、妊婦健診を公費の補助で受けられる受診券や保健師等による相談、母親学級・両親学級の紹介、各種の情報提供などを受けることができます。

妊婦健診は、妊娠初期から妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から妊娠35週までは2週間に1回、妊娠36週から分娩までは週1回の受診が勧められています。
当院では分娩の取り扱いがございませんので、30週前後までの健診に対応いたします。

妊娠中は以下のような検査が推奨されています。経過を診ながらその他の検査も適宜行っていきます。

初期~23週(4週間に1回)

・血液検査(初期):血算(貧血など)・血液型(ABO・Rh・不規則抗体)・血糖・B型肝炎ウイルス抗原・C型肝炎ウイルス抗体・HIV抗体・梅毒血清反応・風疹ウイルス抗体
・子宮頸がん健診(細胞診)(初期)
・血液検査:HTLV-1抗体(30週までに)
・性器クラミジア(30週までに)

妊娠24週~35週(2週間に1回)

・血液検査(中期):血算(貧血など)・血糖
・腟細菌培養:B群溶血性連鎖球菌(B群溶連菌)

妊娠36週~分娩まで(1週間に1回)

・血液検査(後期):血算(貧血など)
・超音波検査

毎回

・ 尿検査(糖・蛋白など)・血圧・体重・浮腫(むくみ)

当院では、申し訳ありませんが分娩の取り扱いがございませんので、30週前後までの妊婦健診に対応いたします。
以後は、分娩予定の施設にて健診を行っていただくことになります。
また、異常を認めた場合は、速やかに提携医療機関や適切な医療機関にご紹介いたします。