HPVワクチン

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が大きな原因になることがわかっています。このウイルスの感染を予防するのがHPVワクチンです。HPVは性行為で感染しますので、初交前の接種が望ましいとされています。時間をおいて合計3回の接種が必要です。
副作用報道により日本では積極勧奨が中止され、接種率が激減してしまいましたが、この対応についてはWHOなどからも批判が相次いでいます。
また、子宮頸がんはワクチンで予防できる唯一のがんですが、ワクチンだけですべての頸がんが防げるわけではありません。接種後もがん検診が必要であることには注意が必要です。
各自治体が接種対象(主に小学6年~高校1年の女子)への補助を行っていますので、該当する人は公費補助が受けられます。各自治体により手続きが異なりますので、各サイトなどでご確認ください。品川区では小学6年~高校1年相当の女子は公費補助により無料で接種できます(2021年7月現在)が、申し訳ありませんが当院ではクーポンでの接種は受け付けできません。公費補助の対象外などの理由による自費での接種希望の方のみお受けいたします。

9価HPVワクチンについて

従来ワクチンは4価ワクチンしかありませんでしたが、最近になり9価ワクチンも日本で認可されました。4価HPVワクチンは6/11/16/18を、9価HPVワクチンは4価+31/33/45/52/58のHPV型をカバーしています。9価ワクチンは新たにターゲットとなったHPV31/33/45/52/58による病変が97%減少したことが証明されています。
現在は任意接種(自費接種)となっており、クーポンを使用した4価ワクチンではなく9価ワクチンを希望される方は、当院にぜひご連絡の上ご予約ください。(ワクチンのお取り寄せに1週間程度かかります)

風疹ワクチン

風疹は風疹ウイルスが原因で起こります。妊娠中に感染すると胎児に感染して児の目や耳や心臓に異常を起こす先天性風疹症候群を引き起こすことが知られています。先天性風疹症候群自体を治す治療法はありません。風疹にかからないようにすること、つまり予防のみが、この先天性風疹症候群への対策といえます。
妊娠を希望する人は、事前に風疹抗体価をチェックして風疹に対する抗体があるかどうかをチェックし、抗体がない場合は早めにワクチンを接種することをお勧めします。また、妊婦さん本人だけでなく、同時に家族や周囲の方も検査やワクチン接種をご検討ください。
なお、風疹ワクチンは生ワクチン(弱毒ワクチン)のため、妊娠中には投与することができません。また接種後2か月は妊娠を避けるべきとされています。このため、妊娠をお考えの方はワクチン接種のタイミングにご注意ください。

インフルエンザワクチン

(準備中)

(COVID-19ワクチン)

(準備中)