子宮頸がんワクチン(シルガード9)

これまで日本ではサーバリックス・ガーダシルという2種類の子宮頸がんワクチンが許可されていましたが、新たにシルガード9というワクチンが国内認可されました。
子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防します。
HPVには100種類以上の型(タイプ)があります。そのうち特に、高リスク型HPVである16型と18型が子宮頸がんの原因と言われており、子宮頸がん全体の50-70%の原因とされています。
シルガード9は既存ワクチンのカバー範囲を超え、約90%をカバーできるようになりました

【接種費用】
シルガード9 ¥30,800/回
※自費のみとなります。
※現時点での価格です。価格は変動する場合がございます。
※別途、初診料や再診料等がかかります。(初診:3300円、再診:1100円)

【接種回数】
3回

【接種スケジュール】
1回目(初回接種)

2回目:初回接種から2か月後

3回目:初回から6か月後(2回目から4か月後)

【ご予約はこちらから】
https://avance.reserve.ne.jp/sp/index.php?
※「HPV(子宮頸がん)ワクチン」よりお取りください。

【予約前日までのご対応事項】
◆シルガード9予診票
https://avance-clinic.jp/wp-content/uploads/2022/02/hpv.pdf
※お手数ですが、PDFファイルを印刷・ご記入いただき当日お持ちください。

◆ワクチンQダイアリー新規登録
https://vaccine-q-diary.com/user/#/C0201_Login
※新規登録をお願いいたします。

◆ワクチンQダイアリーについて
http://www.ne.jp/asahi/goto/clinic/_userdata/q_diary.pdf

風疹ワクチン

風疹は風疹ウイルスが原因で起こります。妊娠中に感染すると胎児に感染して児の目や耳や心臓に異常を起こす先天性風疹症候群を引き起こすことが知られています。先天性風疹症候群自体を治す治療法はありません。風疹にかからないようにすること、つまり予防のみが、この先天性風疹症候群への対策といえます。
妊娠を希望する人は、事前に風疹抗体価をチェックして風疹に対する抗体があるかどうかをチェックし、抗体がない場合は早めにワクチンを接種することをお勧めします。また、妊婦さん本人だけでなく、同時に家族や周囲の方も検査やワクチン接種をご検討ください。
なお、風疹ワクチンは生ワクチン(弱毒ワクチン)のため、妊娠中には投与することができません。また接種後2か月は妊娠を避けるべきとされています。このため、妊娠をお考えの方はワクチン接種のタイミングにご注意ください。