ピルとは

低用量ピル(自費)

低用量ピルは避妊法の中で最も確実安全な方法の一つです。それに加えて月経痛やPMSを和らげるだけでなく、種類によっては大人ニキビや肌荒れの改善につながります。ピルを活用し、学業、仕事、趣味のパフォーマンスを上げましょう。

低用量ピルとは

保険適応ピル(LEP)

ミニピル

ピルには若干ですが血栓症のリスクがあります。それはピルに含まれるエストロゲンによるものです。ピルからエストロゲンを除き、プロゲステロンのみにしたのがミニピルです。

思春期の方、血栓症のリスクの高い年齢が高めの方、喫煙がある方等ミニピルなら使用できる方も多くいらっしゃいます。

月経移動

テストや旅行や重要なお仕事に月経が重なってしまう、そんなことは避けたいものです。ピルによって月経時期の調整が可能です。予定がわかり次第お早めにご来院ください。

アフターピル(緊急避妊薬)

やむを得ず避妊に失敗したとき、性交後72時間以内にアフターピルを内服すれば妊娠する危険性をかなり減らすことができます。(条件を満たせばオンライン診療可能です)

アフターピルとは

ピル外来全般の診察の流れ

・問診

・血圧測定

・希望者に内診と超音波

・各種ピルのご提案(以後条件を満たせばオンライン診療可能です)

低用量ピルとは

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、毎日服用することでほぼ確実に避妊することが可能です。
日本では約3%の使用率ですが、欧州では国にもよりますが30%前後と多くの女性が内服しています。

低用量ピルの効果

ピルには避妊以外にも月経困難症や子宮内膜症の症状改善、月経不順の改善、ニキビや肌荒れの改善といった効果がります。また卵巣癌、子宮体癌、大腸癌のリスクを軽減することができます。

低用量ピルの副作用

内服開始後1~2か月、吐気・頭痛・むくみ(太るわけではありません)などの症状が出ることがありますが、時が経つにつれて多くが軽快してきます。重篤なものに血栓症がありますが年間4~7人/1万人とまれです。投与前の血圧測定や血栓性素因の除外など事前に詳細な問診でそのリスクをかなり軽減することができます。低用量ピル内服後3か月以降はリスクが減少します。1か月以上の休薬期間後は再びリスクが上昇するので、注意が必要です。乳癌と子宮頸癌についてはわずかながらリスクが上昇する可能性があると議論されていますが、定期的な検診によってリスクを軽減することができます。

低用量ピルの種類

低用量ピルは含まれているエストロゲンの量により低用量ピルと超低用量ピルに分かれます。またエストロゲンとプロゲステロンの量が一定の一相性ピルと通常の月経周期に似た三相性のピルがあります。

保険適応ピル(LEP)

ホルモンの変調による月経困難症や子宮内膜症に対し、低用量ピルを用いて排卵を抑えホルモンバランスを調整することにより、月経困難症や子宮内膜症の症状を緩和することができます。日本では1999年から月経困難症に自費の低用量ピルを用いてきましたが、2008年に保険適応の低用量ピルが使用可能となりました。自費の低用量ピルと分け、保険適応のピルをLEPと呼んでいます。周期的投与できるピルもあり、出血日数が少なく、休薬期間に頭痛や気分変調などが起こりにくくなります。

LEPの服用ができない場合

以下の方は血栓症・乳がん・心筋梗塞・脳卒中等のリスクを考慮し、服用できません。
初潮前もしくは50歳以上、閉経後の方、喫煙(35歳以上で15本/日)高血圧、糖尿病(腎症、網膜症、神経障害の方)妊娠中、妊娠の可能性がある方、生後6か月以内の授乳中の方、手術前後の方、心疾患、肝疾患、前兆を伴う片頭痛の方(前兆のない片頭痛は慎重投与)、乳がん既往(5年以上再発がなければ慎重投与)、血栓症既往の方、血栓性素因のある方(抗リン脂質症候群)

月経移動とは

基本的には短縮を希望する場合、月経開始3~5日目からピルを10日以上投与し、月経開始を希望する日の2~5日前に中断します。延長したい場合は、月経7日目以内に低用量ピルを開始し、送らせたい時期まで連続投与します。

アフターピル(緊急避妊薬)とは

アフターピルは妊娠を望まない女性が適切に避妊できなかったり、避妊に失敗してしまった際に緊急的に内服する女性ホルモン剤です。排卵を抑制したり、受精を妨げたり、子宮内の着床を阻止するなどといった効果があります。現在は新しい薬が発売され、嘔気もほとんど認めません。性交後72時間以内の内服が必要です。避妊効果は確実ではないため、3週間後に妊娠判定をしてください。また内服後次の月経までは避妊が必要となります。72時間以上たってしまった場合は、子宮内リングを使用することで避妊することができます。(当院ご用意がありません)